Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C24] そうですね・・・

よしさま。ありがとうございます。
この段階ではまだあきらめられると思って、自分の気持ちよりも彼のことを考えて行動をした結果です・・・
でも今日の夜にでも書きますが、本当に状況が変わってしまったんです。
わたし自身も今思うと本当にすごいことをしたと思っています・・・
  • 2007-03-15
  • 投稿者 : HITOMI
  • URL
  • 編集

[C23]

人間誰しも、努力は必要ですが幸せになる権利があります。 何が幸せで、何が不幸かなんては、人それぞれ違いがあると思いますが。
hitomiサンには、自分に素直になって欲しかったです。決して、不倫を奨励する訳では無いのですが・・・。 自分が思うに不倫するには、普通に恋愛と違って、デメリットがあります。hitomiサンの場合、彼氏が自分の処に来るには、今ある家庭を無くさないければならない。という事です。(もちろん、気持ちの問題も含めて) でも、それを決めて、実行するのは彼であるから、hitomiサンは素直に行動して欲しかったです。 不倫という、壁があるから、最終ゴールに達する確立は低いかもしれませんが。 でも、hitomiサンが決めた事、外野席の自分は見守る事しか出来ません。
 
  • 2007-03-15
  • 投稿者 : よし
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://hitomisatoko.blog95.fc2.com/tb.php/11-a7a1c853
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

一大決心!

実は彼とのデートその4という位置づけでも良かったのですが・・・

本当に一大決心だったので、タイトルを変更しました。

彼とのデートをした翌日、彼にメールを送りました。

メールの内容です。。。
名前を入れてあったのですが、彼のことを考えると伏字にしてあります。
HITOMI⇒彼
「○○さん。昨日はありがとうございました。お仕事が忙しいなか、わざわざ会いに来ていただいて、本当に感謝しています。
正直な気持ちをお話します。
一緒にいるととても癒されて、自分が心地よいのが良くわかります。
でも、これからのことを考えると、わたしは○○さんとお付き合いしていく自信がありません。
わたしから誘っておきながら、本当にごめんなさい。
これからもご自愛ください。」


今思うと本当にそっけないメールですよね。

彼⇒HITOMI

「わかりました。HITOMIさんがそう決めたのであれば仕方がないですね。でも、僕はHITOMIさんを一人の人間として好きになったのであって、泡姫だからというのではないと思ってください。」
「気が向いたらまたメールをしてください。それに本当に困ったことになったらいつでも連絡をくださいね。」

HITOMI⇒彼
「本当にごめんなさい。もうお店には来ないでください。」

実はそのときにメールも送らないでと書いたのですが、自分で消してしまったのです。

きっと心の中では彼からのメールは欲しいと思っていたんでしょうね。
その後しばらく彼からのメールもありませんでしたし、わたしから送ることもありませんでした。
でも彼のことをまったく考えていなかったかと思うと、それはうそになります。
この後急転直下なんですよね・・・

ポチッとお願いいたします。

NO.1風俗嬢ブログランキング





にほんブログ村 恋愛ブログへ
スポンサーサイト

2件のコメント

[C24] そうですね・・・

よしさま。ありがとうございます。
この段階ではまだあきらめられると思って、自分の気持ちよりも彼のことを考えて行動をした結果です・・・
でも今日の夜にでも書きますが、本当に状況が変わってしまったんです。
わたし自身も今思うと本当にすごいことをしたと思っています・・・
  • 2007-03-15
  • 投稿者 : HITOMI
  • URL
  • 編集

[C23]

人間誰しも、努力は必要ですが幸せになる権利があります。 何が幸せで、何が不幸かなんては、人それぞれ違いがあると思いますが。
hitomiサンには、自分に素直になって欲しかったです。決して、不倫を奨励する訳では無いのですが・・・。 自分が思うに不倫するには、普通に恋愛と違って、デメリットがあります。hitomiサンの場合、彼氏が自分の処に来るには、今ある家庭を無くさないければならない。という事です。(もちろん、気持ちの問題も含めて) でも、それを決めて、実行するのは彼であるから、hitomiサンは素直に行動して欲しかったです。 不倫という、壁があるから、最終ゴールに達する確立は低いかもしれませんが。 でも、hitomiサンが決めた事、外野席の自分は見守る事しか出来ません。
 
  • 2007-03-15
  • 投稿者 : よし
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://hitomisatoko.blog95.fc2.com/tb.php/11-a7a1c853
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。